節税について知りたいならこのサイトで決まり!

あなたはどのくらい知ってる?節税方法

コツコツできる節税とは

家賃は月々の支払いでもかなり大きな出費です。
節税の大きなポイントになるので、よく調べて、経費を算出してください。
「個人事業主である」「自宅が賃貸住宅」「自宅で仕事をしている」などこういう場合は家賃を経費にしてください。
仕事用の事務所などがなく、自宅で仕事している事業主は家賃は必ず必要な経費になります。
仕事と生活をする家の家賃も、もちろん経費として扱えます。
ただしここで注意すべき点があります。
一日中ではなく夜などは自宅で仕事しているのでその割合だけ家賃を経費としてあげることができます。
家賃のすべてを経費に計上することはできません。
当然全てが仕事のための空間ではなく生活空間も含まれているため、この分は差し引いた上で経費を算出しなければならないのです。

お金の事を相談するなら

FPの仕事は多岐にわたります。各種保険はもちろん、お金にまつわる生活設計や、資金の積み立てなど広範で、カウンセリングが仕事です。
FPはお金に関するほとんどすべての悩みをはなすことができる専門家です。
業務制約があるためアドバイスは可能だが、税金の専門的内容の相談は出来ません。
税理士は税金の専門家です。
なので、節税方法から申告業務まで依頼する事が出来ます。
依頼からアドバイスまではそれほど手間をかけず受けられますが、相応の費用がかかります。
相場は1万円から3万円がです。
不動産業や会社を営んでいる方は、相談するケースはあります。
税理士への相談が厳しい場合は上記FPなどに相談するケースが多く見受けられます。


この記事をシェアする
TOPへ戻る