節税について知りたいならこのサイトで決まり!

仮想通貨で儲けたら確定申告を忘れずに

仮想通貨で儲けたら確定申告をしましょう

仮想通貨で確定申告をしなければならないケースは、「仮想通貨を売って収入が入った場合」などです。
価格変動するため、申告の際はしっかりと下調べをした上で手続きに臨む必要があります。
その他にも「仮想通貨を使って違う仮想通貨や外貨を購入した場合」や「マイニングによる収入がある場合」などがあげられています。
雑所得の区分の仮想通貨については、仮想通貨だけで、収入を算出します。
また、雑所得の時は、損失が出たとしても0として数えることが出来ます。
雑所得だと損失が出ることがなく、給与所得等や損益通算することもできません。
また、他に取引をしていたとして、FXで損失が出たとしても、仮想通貨の所得と相殺することはできないとされてます。

仮想通貨で儲けても申告不要な場合がある

申告しなくていいケースもあります。
仕事による給与が発生しておらず、仮想通貨による儲けが一定額未満の場合は確定申告の必要はありません。
ただし、給与による収入が一定額を超えている場合には他の収入源の考慮は必要なく、一律申告しなければなりません
収入の合計額や仮想通貨による儲けがいくらなのか、を確認しておいてください。
他にも「専業主婦などで収入がゼロで、仮想通貨の利益が38万円以下の場合」などがかんがえられます。
怪我や病気で医者に通うことで多くのお金がかかった、家を買ったので控除申請したい、自然災害で自宅が被害を受けたのでその分の控除手続きを進めたいなどの理由がなければ、収入のない人に確定申告は必要ありません。


この記事をシェアする
TOPへ戻る