節税について知りたいならこのサイトで決まり!

税の歴史を調べてみた

特定支出控除とは

一般会社員でもサラリー等から自動的に経費が差し引きされる制度です。
経費として支出が出来る例として、「仕事に関係ある書物を買う時」「職場の制服やスーツ」なども支出することができます。
アパレル関係で仕事中に着用する働いている会社のブランドの服を購入する時もも特定支出にするのとができます。
キャバクラやゴルフ等の接待費用や、取引先へのお歳暮代なども含まれます。
人に会った際に必要となる費用は会社が支払うことも多いため、特定支出にできる人は少ないかもしれません。
ここまで紹介した例はすべて限度額が設けられています。
その他にも、「単身赴任から自宅に帰る際の費用」「仕事関係の資格を取るための費用」などが特定支出として出すことができます。

貯蓄しながら税金が安くなる制度iDeco

確定拠出年金には、「個人型」と「企業型」があり、個人型の確定拠出年金を通称iDecoと言います。
iDecoは節税しながら老後資金を準備できる制度です。
掛け金は自らで負担して、なおかつ、負担したお金を元本保証の預金などで利用することが可能です。
確定拠出年金の1番のメリットは、掛け金が所得控除になることです。
掛け金分の所得が下がり、その分所得税、住民税額が少なくなるので、過払い分の税金が戻ってくることになります。
一般的に利用するだけで税金が発生するものですが、このサービスではそれがありません。
通常預貯金や、投資信託で利用したときは、約20%の税金がかかります。
iDecoは、利用している時は税金が一切はかからず使うことができます。


この記事をシェアする
TOPへ戻る